神戸市長田区の耳鼻咽喉科/アレルギー科 ふじしま耳鼻咽喉科クリニック

ふじしま耳鼻咽喉科クリニック
  • 文字の大きさ小中

当院の特徴

アレルギー専門外来

スギ、ヒノキ、夏、秋の花粉症の方やハウスダスト、ダニによる通年性のアレルギー性鼻炎の方のうち、内服や点鼻薬だけではなかなか症状のよくならない方に対して、当院では炭酸ガスレーザー治療を行っています。

炭酸ガスレーザー治療

火、水、木曜日の午前中(予約制)にしております。
アレルギー性鼻炎の治療は薬物治療が主体です。しかし中には保存的治療だけでは十分な効果が得られず外科的治療が必要になることがあります。炭酸ガスレーザーによる鼻粘膜焼灼術は処置後の疼痛がほとんどなく、手技も簡便なため外来通院で行うことができる治療法です。

  1. 麻酔薬を浸み込ませた綿を鼻の中にいれて15~20分間待って頂きます。
  2. 綿を取り除き、内視鏡下に観察しながら鼻の粘膜を焼灼していきます。
  3. 両側の鼻を一度にしますが片側3~4分程度で、麻酔の時間を含めて
    すべての治療が終わるまで40~50分です。

  1. 出血することがあるので当日の入浴は控えてください。
    鼻水に少量の出血が混じる程度はあります。
  2. 治療後かえって鼻づまりや鼻水の症状が悪くなりますが、
    数日から1週間ほどで徐々に治まってきます。

  1. 保険適応がとれています。(3割負担で窓口負担は両側で約9,000円です)
  2. 中学生以上であれば大体可能です。
  3. 花粉症の方は季節到来の前に受けられることをお勧めします。花粉が飛んでいる時期に
    受けるとそのシーズンは余計に症状がひどくなります。
  4. 症状の改善率は、鼻づまりは8~9割、鼻水、くしゃみ発作は5~6割といわれています。
  5. レーザー治療はアレルギー性鼻炎の根治治療ではありませんので、
    数年後に症状が再燃します。

アレルギー専門外来

患者さんやご家族が病気をよりわかりやすく理解することができるように、画像ファイリングシステムを導入しております。
液晶モニターに内視鏡や顕微鏡の画像を映し出し、視覚に訴えてご説明します。
その画像をハードデイスクに保存し、記録した画像を時系列に表示したり正常所見と比較して、
画面を見ながらご説明します。

アレルギー専門外来

補聴器は単に音を大きくする拡声器ではありません。年齢による難聴や先天性難聴など難聴のパターンは色々で、その患者さんの聴力に合った補聴器を装着しなければなりません。
それぞれの方の生活様式に応じた補聴器に仕上げますので何度か補聴器を微調整し、その都度補聴器をお貸しします。
最終的にご満足の頂いた補聴器に仕上がってからご購入して頂くようにしています。

第2・4水曜日の午後3時30分から補聴器相談をしていますので、補聴器を着けたほうが良いのか迷っておられる方や、現在使用中の補聴器にご不満をお持ちの方はお気軽にご相談下さい。

アレルギー専門外来

患者さんの状態が入院や精密検査の必要があると判断した場合、周辺基幹病院や画像検査読影専門病院に速やかにご紹介できる体制にしております。


神戸大学病院、西市民病院、新須磨病院、県立こども病院、神戸医療センター、わかば画像診断クリニック(画像診断専門病院)、吉田クリニック(CT:当院階上)

アレルギー専門外来

当クリニックは病態について十分な説明をするように努めています。
わからないことや相談したいことは遠慮なくご相談ください。

ページの先頭へ